エリアマーケティング

  • エリアマーケティング
  • グラフィック
  • WEB

すし寅 様

  • エリアマーケティング
  • グラフィック
エフスタ新聞(対談メイン画像)

太宰府という街~DAZAIFUブランド~

今回は、太宰府という街で、商工会商業部会長として務める味処 すし寅の代表 井手様と同じく今期より太宰府商工会商業部理事に就任した赤司と“太宰府”をテーマに語ってもらった。

Q.なぜ太宰府という街で事業展開行っているのか?

井手氏 この「すし寅」は父の代からスタートし、私で2代目となります。
元々私の生まれは、福岡市内で散髪屋の息子として生まれました。時代の変化により散髪屋の需要が減り、尚且つ家族経営だったため、一日の対応数も限りがありました。そんな中、叔父の誘いで父に「寿司屋をやらないか」と誘いを受けたのがきっかけで、父が寿司屋の修行を始めることになりました。
その当時、寿司屋は高貴なもので一般の方は中々手を出せないお店でしたが、移り変わりとともに一般の方も気軽に足を運べるようになったため、寿司屋は大繁盛していました。
修行を終えた父は、五条近辺の将来性を感じ、40年たった現在もここ五条で「すし寅」として営んでいます。
私自身も2代目ということで、周りから寿司屋になるはずだと言われてきましたが、中々はっきり決断することが出来ませんでしたが、
就職の際にそのまま「すし寅」を継ぐではなく、和食の見習いとして、原鶴温泉など様々なホテルの経験を積み、それを地元で活かしたいと思い長年住んできた太宰府に戻ってきました。

DSC04adwa_02

 

DSC04ssssss_02

赤司 私の父もここ太宰府で事業を営んでおり、幼い頃からその背中を見て育った私は、会社を持つことの責任を肌で感じておりました。
また、いつしか自分でも事業を行いたいと思うようにもなりました。大学卒業と同時に博多へ就職し、充実した毎日を過ごしてましたが、
ふとある時、幼い頃の想いが再びよ蘇るようになり、会社を設立することになりました。
しかし創業当初は、太宰府という地にこだわっていたわけではなく、地元で育ったため、土地勘などがあるからという感じ。
ですが、数年太宰府で事業をしている今、今までお世話になった太宰府に何らかのかたちで私も貢献できればと思い、事業をしています。

Q.太宰府で営むメリットとは?

井手氏 以前は、どこの場所においても自分の仕事は出来ると思っていました。
しかし、都心で営むとなると競争相手が激化し、次第には価格競争になっていく。
そんな安さだったりを売りにしたくありませんでした。
その点太宰府という街は、歴史が深いからこそ昔からのお店が地域に根付いており、なお且つ、土地柄か近隣住民の方々との関わりが強い傾向があります。
元々和食からスタートし、寿司だけをやってきたわけじゃないからこそ、自分の強みを活かし、太宰府の特色に合わせた地域密着のサービスが出来るという点は大きなメリットにもなります。
「すし寅」は寿司屋ですが、お客様は寿司を求める方ばかりではなく、「すし寅」の空間を求める方が多いです。
日曜にはカウンターが満席になったりと、「ここに行けば誰かいるだろう」と、いわば憩いの場になっているのです。
それこそ太宰府なんです。「寿司屋」や「〇〇屋」みたいに型にはまったものだけを売りにするのではなく、より地域密着したサービスを意識する、これこそが顧客満足度にも繋がります。
例えば「運動会のお弁当作りが大変。」など要望があれば、「じゃぁお弁当作るからお弁当箱持ってきて」など、そういったご要望にお応え出来るのも「すし寅」の魅力ですね(笑)

DSC04106_02

DSC04sss_02

赤司 一番に言えることは、地元同士の横つながりがとても強いとことですね!
地域で活動する私たち広告代理店は常に情報のアンテナをはる必要があります。その点太宰府市は、都心部とは違い地域間の情報共有がさかんであり、
あらゆる情報をキャッチすることができます。
また、この太宰府というエリアは、天神・博多へのアクセスが便利だけではなく、福岡南部・佐賀エリアも近いので、広範囲に活動できるもの魅力ですね!
当社が、直で打ち合わせ出来ることを利点としているので、最近では筑後地区のお客様も増えてきで、あらゆるところへすぐにお伺いできるのもこの地域でよかったと感じます。
そしてなにより今年で10年目を迎える当社が事業を行う中で、ご紹介でのお仕事も多く頂き、クライアント様と共感でき、協業できることが一番のメリットです。
あと、余談ですが、同業者が少ないところもメリットかもしれません(笑)

Q.太宰府市商工会商業部 会長・理事としての今後の展望は?

DSC03924

赤司 私は、広告代理店として、常に「集客」を念頭に置いて広告の戦略を練っています。この”戦略”は、太宰府市商工会でも大いに活用できると考えています!
ぜひこの経験を活かして、太宰府市全体が潤うよう一緒に尽力していきましよう。

井手氏 商業部の理事も変わり、今商業部には新しい風が吹いています。今までのやり方継続するのではなく、商業部としてどう太宰府市の会員の皆様をサポートできるのか、考えていきたいと思います。
そのためには、型にはまらない太宰府だからこそ出来る「DAZAIFUブランド」を築いていきたいと思います。

 

DATA

クライアント名
すし寅
制作物
チラシパンフレット
DM
詳 細

その他の実績

  • main
  • エフスタ新聞(対談メイン画像)02
  • %e3%82%a8%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e6%96%b0%e8%81%9e%e5%af%be%e8%ab%87%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f
  • %e3%82%a8%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e6%96%b0%e8%81%9e%e5%af%be%e8%ab%87%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f
  • エフスタ新聞(対談メイン画像)