QRコードアクセス数アップ方法!?【SNS利用するなら必見】

web

エリアマーケティング

【QRコードの向き】

 

SNSが流行し、さまざまなタイミングやシーンでこのQRコードが大活躍している。

さて、どのようなところでこのQRコードは目にするだろうか?

LINEの友だち追加?チラシやパンフレットの隅にあって、読み込むと自社ホームページへリンクされるとか?

商品購入時の取扱い説明書のQRコードへアクセスするとマニュアルの説明とか

問合せフォームに飛んでいくことも・・・。

集客を気にしてどうにかこうにかユーザに当社を知ってもらいたいなどで

QRコードを活用することも多くありますよね。

 

例えば、あなたが、食事にいったお店の壁にポスターが貼ってあって、

QRコードが表示されているとしますよね。

ほとんどが、このポスターの情報の詳細がWEBでも見れて手元のスマホでアクセスしてみてね!

という流れを考慮してポスターデザインをしてると思います。

(LINE@始めました!も同じことですね)

それを見て、みなさんは手元のスマホでQRコードを読み取ります!

adb4ced51f7b2159f13eb9f7c57e16e3_s

こんな感じですね。

 

 

でも、これって・・・・

んっ?ん~!? 読み取りますぅかぁ~?? 

 

ちょっとまってください!

 

これって、読み取りますか????

 

私は、読み取りません!!

 

なぜなら・・・。

 

『そのポスターの前に私が立ってQRコードにスマホ向けてカシャッ!』

そんなかっこうをして読み取っている姿を

私のまわりにいる第三者から見られてるって考えると恥ずかしい!

 

だから・・・。

 

読み取らないんです!

 

大事なのは、

『第三者の目線!』

 

だから、読み取りやすい格好はどんな格好でしょうか?

e40e5d19ec2c91ab8dbb068b346c2701_s

そうです。

こんな格好です!

 

つまり、

 

QRコードを読ませたいのなら、壁面などのポスター形式ではなく、

スマホのカメラが下を向いた先にあります!

ということで、QRコードが掲載しているPOPはテーブル面に置くのが一番アクセス率があがります。

 

店内POPは見てもらうことが第一です。

これを踏まえて店内POPの設置場所!見直ししてみてはいかがでしょうか?

 

 

関連コラム