【photoshop】色域指定を使って特定の色を選択して…切抜く!

web

グラフィック

色域指定を使って特定の色の箇所を画像から選択して切抜く方法

メイン画像

こんにちは。
WEBデザイナー兼中川ラボ研究員の中川です。

 

ゴールデンウィークからどんどん気温が上がり、もう梅雨なんじゃないかと思わされる日が続いておりますが、皆さんはどうお過ごしでしょうか?

この時期は季節の変わり目ということもあり、体調を壊さないよう衣類の調整など気をつけていきましょう!

 

さて、過去私のコラムではPhotoshopの切り抜きに関する事を中心に書いておりましたが、今回も切り抜きについて書いていきます。

 

今回は、色域指定という機能を使った切抜きのお話です。

今までの切り抜きよりも手順が少なく、簡単にできるのがポイントです。

色域指定はその名の通り、画像の中の特定の色(色は指定する)を自動で選択する機能になります。

 

下の画像でいうと、ホワイトボードに書かれた内容を選択したいときに役に立ちます。

 

0

 

早速、色域指定を選択!

1

[選択範囲]-[色域指定]をクリックします。

すると下図のような、ウィンドウが立ち上がります。

 

2

範囲指定したい色域を指定する

2-2

ウィンドウが立ち上がっている状態で、開いている画像の上にマウスカーソルを持っていくと、スポイトのようなカーソルになるので、その状態で画像(の色)をクリックし範囲指定したい色を選びます。

 

例えば、上の画像の

1、赤丸の箇所をクリックすれば、白色が範囲指定の対象となります。

2、青丸の箇所をクリックすれば、青色が範囲選択の対象になります。

 

※今回は、ホワイトボードに書いてあるもの全てを切り抜きたいので、画像の文字以外の場所を選択範囲して、その部分に対して選択範囲を反転し、選択範囲を指定したい と思います。

許容量を指定する

色を指定したら、許容量を設定します。

 

2

この許容量は、指定した色に近い色の範囲指定の許容値を調整するものです。

 

3-3

実際にバーを動かすと分かりやすいです。

許容量は、とりあえずOKをしてみて、違えば[元に戻す]で戻り、気に入るまで調整します。

調整して、納得のいく選択範囲が取れれば、次の段階へ進みます。

選択範囲を反転

3

[選択範囲]-[選択範囲を反転]

 

前項でも述べたとおり、現状では画像の白い部分が選択範囲されています。
なので、この選択範囲を反転し、白以外の部分を選択 します。

 

ここまでくれば、あとはやることは一つ!

コピー&ペースト(ctrl+c&ctrl+v)

4

極めつけのコピペで切り抜き完了です!

 

あとは、切抜いた画像を使いあそb加工するだけです!

 

5

6

 

関連コラム