髪の毛もきっちり選択!写真の人物を切り抜く【クイック選択ツール】

web

グラフィック

「人物を綺麗に切り抜きたい」あなたの悩みを解決!そう、photoshopならね

メイン画像

こんにちは。
WEBデザイナー兼中川ラボ研究員の中川です。

 

最近、育てている盆栽の芽が出てほっこり暖かい春の訪れを感じています。

しかし、季節の変わり目には違いありません、皆さんも体調管理には注意しましょう。

 

さて、私の前回のコラムでは、photoshopで色の付いたロゴをキレイに切り抜く方法をお伝えしましたが、今回は画像の中の人物が対象になる切り抜き のお話です。

 

 

元画像

今回、使用する画像

バナーを作る際などに、よく人物の切り抜き画像を使う機会があると思います。


私もよく人物の切り抜きをやりますが、初めて人物の切り抜きをした時はパスツールで人物を囲み、息を荒げながら人物を囲んでいた記憶があります。


そして、一番の問題になるのが…髪の毛


切り抜きをした経験がある方はご存知かもしれませんが、

髪の毛先などいちいちパスツールで囲んでいたら日が暮れてしまいます。(私も学生の頃、日が暮れた経験があります。)

 

そこで、今回ご紹介するのがクイック選択ツールです。

 

このクイック選択ツールを上手く使いこなせれば、人物ひいては髪の毛の選択もちょちょいのちょいです!

 

クイック選択ツールで人物を選択する

1

初期設定では左にあるツールバーの赤い部分をクリックして、範囲対象をドラックでなぞります。

※青い矢印あたりをマウスなどでガッー!とドラックします。

 

背景色と被写体の色に差があれば一発で選択範囲が取れると思います。
一回で選択できなくても、何度もクリックして追加選択していくことができます。

クイック選択ツールの設定

hosoku1

ちなみに、クイック選択ツールのサイズも変更可能です。

その他にも、硬さ、間隔、筆圧など、ブラシと同じような設定が可能です。

 

この項目に関してサイズ以外の調整が必要かどうか、私は正直分からないです・・・。

 

選択領域からはみ出た場合

2

背景色が同系色に近い場合、このように選択範囲が対象物の外に漏れる場合があります。

その際は、クイック選択ツールを選んでいる状態で「Alt+左クリック」 しながら、選択範囲がはみ出ている箇所をなぞります。

 

3

before

4

after

選択範囲が足りない場合

5

選択範囲が足りていない

6

ピンクの部分を追加で囲みたい

 

上のように選択範囲が足りていない場合は、先に記述したとおり追加でクリックをしてもらえれば追加選択することもできますが、その他の方法があります。

1、パスツール

パスツールは、多くの人が使ったことのあるツールかと思いますが、選択範囲を指定するときにも使うことができます。

 

7

8

9

 

  • パスツールで選択したい範囲を囲む
  • パスを選択した状態で右クリック
  • 表示されるメニューのうち「選択範囲に追加」をチェックし、OKを押す。

上記の操作で、選択範囲を追加することができます。

2、なげ縄ツール

気合で選択します。(手動で囲む方法)

境界線を調整

選択範囲が完成したら、「境界線を調整」をクリックします。

sub2

 

すると、下の画像のようなウィンドウが開きます。

10

このウィンドウの中のバーに関しては、説明しだすと頭がこんがらがるので割愛します。
知りたい方は、調べる前にまずバーを動かしてみるといいかと思います。

 

初めて触る人は、表示の項目と出力先を設定しておくと良いでしょう。

私はエッジの検出の項目を動かすだけで、大体の調整が済むことが多いです。

 

次に、細かい調整に入ります。

 

11

12

このウインドウが出ている状態で、左の画像のようにマウスでドラックしながら黄色のように動かします。
今回は頭のフチをなぞりました。
すると、右の画像のように髪の毛の部分に残っていた不要な選択部分が範囲選択から除外されます。

コピー&ペースト

「境界線を調整」をOKすると、新たな選択範囲が生成されます。

この状態でコピー&ペーストを行うと、人物だけを切り出すことができます。

 

13

 

 

人物の切り抜きができれば、バナー制作の幅も広がりますね!

皆さんもPhotoshopで楽しい切り抜きライフを堪能しましょう!

 

締め1

関連コラム