色が与える印象 色&イメージの相乗効果をうまく使おう!

グラフィック

色にも性格がある!個性派ぞろいの13色のご紹介♪

色の与える効果

こんにちは。

グラフィック事業部です。

 

私たちが普段、目にしている看板・ロゴ・パッケージなどの「色」には

何らかの意味や感情を表す働き 誘導効果 があるのはご存知ですか?

 

私たちと一緒で「色」にもそれぞれに個性があり、性格もさまざま!

見る人にはどんな印象を与えているのでしょう。

 

今回は、そんな「色」が与える印象について紹介します。

 

パワーや生命力を表す活動的な色「赤」

Red

エネルギーを強くアピールしたい、相手に強烈な印象を与えたい場合によく使用されています。また、「食欲増進効果」の色でもあり、店内や店頭デザインに使われることが多く、売り上げに繋げていくことができることから飲食店などでよく使用されています。体感温度を上げることができるため、暖かく感じたり時間の経過を早く感じさせる効果も!

 

知性や冷静を感じさせてくれる色「青」

Blue

涼しさや・爽やかさの表現ができ、気持ちを沈静化させる、集中力が増すといった効果 があります。「信頼」・「堅実」の色でもあるため、日本の企業ではコーポレートカラーとしてよく使われています。赤に対して青には、「食欲減退効果」がある ので、女性にはとっても嬉しいダイエットにも効果的な色!

 

自然を感じさせる生命力と癒しと落ち着きの色「緑」

Green

木や森などの自然を象徴する色の緑は、興奮を静める作用や集中力を増す効果 があり、心や身体の疲れを癒す、気持ちが落ち着くといった意味でも、整体などのリラックス効果のある企業でよく使用されています。また、「安全を表す色」として環境保護などの取り組みを示す ときにもよく使われています。

 

気分を明るくするポジティブな色「黄」

Yellow

有彩色で最も明るい色でもあり、目立つ・にぎやかなど活発なイメージや希望・光・幸福といった印象を与える色です。集中力を発揮させる、判断力がUPするなど脳の活性化がよくなり頭の回転が早くなるといった効果も!また、人の目を引き付けて注意を促す目立つ色なので、注意喚起の看板や道路工事、信号などにも使用されています。

 

親しみやすさ、温かさを感じる庶民的な色「オレンジ」

Orange

ほんわかとした温かみを表現できる色で、家庭的・親しみやすさを表現できます。元気・明るさ・親しみやすさ・仲間意識を出したい企業によく使われることが多く、緊張を和らげる効果もあるので緑と同様、整体などでも使用されています。赤と同様、食欲を促進させる色です。

 

高貴・神秘・高級といったイメージを持つ不思議な色「紫」

Purple

全般的に高級感や上品さを表すものが多く、想像力をかきたてたり、感受性を高める効果があります。自分の中の感性を引き出したりする色でもあり、スピリチュアルな感じの時にもよく使われてます。活発的なイメージの「赤」と冷静なイメージをもつ「青」の混色なので「高貴と下品」「神秘と不安」など二面性があり、死・不吉さなどのマイナスイメージも!使い方によっては色の性格が変わる複雑な色です。

 

女性らしさや柔らかさを表現できる色「ピンク」

Pink

女性的なイメージが強くあり、女性が親近感を持つ色です。赤ちゃんやかわいいなどの弱いイメージも持ち合わせているため柔らかいやさしい印象があります。心や体に満ち足りた気分をもたらしてくれる効果があり、女性の購買意欲を高めるなど女性を象徴させた色で、女性向け・美容系のものにはよく使われています。

 

安定感や落ち着きのある色「茶」

Brown

オレンジを暗くした色で、木や土、大地といった自然を感じさせる茶色は、温もりや居心地の良さといった安心感を与えます。また、温暖色、重量色のイメージ効果もあり、温もりを感じさせることから、緊張を緩和するといった効果もあります。常に身近にあり暮らしの中に溶け込んでいるので飽きることのない色です。

 

 

始まりや出発といったスタートの色「白」

White

清潔感・純粋さなどのクリーンな印象を与えることから病院や飲食店での制服によく使用されています。膨張色、進出色、柔軟色、軽量色とも言われていて、暗い色を引き立てるといった効果や広さを感じさせる効果も!ほとんどが、明るいイメージで使われていますが、無機質で空虚感をといった悪いイメージも持ち合わせています。黒と対照的で「善」「正」の意味を持つ色です。

闇・威厳を感じさせる全ての色を吸収した色「黒」

Black

強さや権威、圧力、権力など力を感じさせる色で、他の色に比べて負のイメージが強い色です。また、何かを秘めた印象や影のある印象を与えることから、絶望感を抱かせる色でもあります。収縮色、後退色、強硬色、重量色とも言われていて、明るい色との組み合わせで一番有彩色を引き立てる色です。基本的に白と対極の関係の印象を与え、白と対照的で「悪」「負」の意味を持つ色です。

 

周囲とバランスがとりやすい都会的で洗練された色「グレー」

Gray

はっきりしない色のイメージから、柔軟色、沈静色といった効果、また、控えめで平凡な印象を与えたり、上品で落ち着いた印象も与えます。明るければ白の暗ければ黒のイメージ効果が加わります。灰色は他の色との協調性が高くどんな色にも馴染み、自己主張しない周囲の色を引き立てる調和の色です。

 

派手ではなく、かつ高級感を持つ色「銀」

Silver

灰色と似た印象効果を持っていて、洗練されたシャープな印象を与える都会的な印象を与えます。また、金色に比べて控えめな色なので、上品で落ち着いた印象もあり、他の色との協調性が高いどの色とも馴染める色です。自然界ではあまりない色なので、人工的な印象も与えます。

 

派手で、特別なものや高級感を持つ色「金」

Gold

派手で目立つ色、また高価の象徴であることから、特別なものや高級感といった印象を与える色でもありインパクトがかなり強く特別な印象を与えます。お金や富を連想させ、豊かさを表す色で、欲を満たすといった気持ちを満足させる意味合いが強い色です。質感や光沢も含めた金属の色なので単色で表現するのは難しい色です。

 

 

 

いかがでしたか?

個性派ぞろいの13色。

この色が持つ印象や効果を最大限に活かして売上UPにつなげましょう!

 

今から新規事業をお考えの方や、看板やロゴなどの販促物をお考えの方 、ぜひご参考ください♪

 

 

関連コラム