男女で見え方が違う!? 色彩認識能力の違い

グラフィック

なんとなくわかる気がする・・・男女の認識力の違い!

男女の見え方の違い

こんにちは。グラフィック事業部です。

前回紹介させていただきました「色彩感覚チェック」

みなさんの色彩感覚のレベルはいかがでしたか?

 

色の見え方は人それぞれですが、

実は、男女でも色の見え方が違うそうです!

 

そんな男女の色の見え方の違いについて、

ちょっと楽しい画像を見つけましたので紹介させていただきます。

こちらの画像をご覧下さい。

 

 

色彩認識能力の違い

 

 

この画像は、

“男性には7色に見える虹が、女性からすると29色に見える” という

男女の色の認識の違いを表した画像だそうです。

 

女性は29色・男性は7色

“男性には7色に見える虹が、女性からすると29色に見える”・・・

こんなにも差が出るなんて!びっくりですね!

 

どうやら、男性には『緑』『青』のひとくくりに認識されている色

女性のほうが、『モスグリーン』『ライムグリーン』 『スカイブルー』『ターコイズブルー』

のように細かく色を分類して見ているそうです。

 

なぜ、こんなに差がでるの?

男女とも同じ目のつくりで同じ機能を持っていますが、

目から入った情報は脳で処理をされます。

目ではなく脳での処理能力に男女の違い があるそうです。

 

入る情報は同じでも、処理の仕方が男女では異なるために、

見え方も変わるんですね!

 

例えば、同じものを見ても

女性は『黄』 『緑』 『青』 といった色の識別能力 が男性に比べてより高く

男性は『オレンジ色』が女性に比べて赤みがかった色彩に感じられる など、

やや暖色寄りの色となって認識されるそうです。

 

こんな感じでしょうか?

 

 

オレンジ色イメージ

 

 

その識別能力は、特に寒色系の色『青』『緑』 『黄』 を識別するときに発揮され

男性は『青』とひとくくりに認識するところ を

女性は『ティールブルー・スカイブルー・ターコイズブルー』 のように

一つ一つの違う色として認識 しているそうです。

 

確かに女性向けの商品は、カラフルな色使いだったり、

同じようなデザインでも微妙に違いがあったり、細かいところが違ったり・・・

女性のこだわり部分は、きっと男性目線では全て一緒に見えているのかもしれませんね!

どれも一緒でしょっ!・・・って言われる訳がなんとなく分かる気がします。

 

女性は色彩認識力が高く、男性は動体視力が高い

色彩認識力だけではなく、景色を楽しむ時にも女性と男性の楽しみ方が違う そうです。

 

女性は比較的、ゆっくり景色を楽しむ ことに対して、

男性はすぐに飽きる 傾向があるらしいのです。

 

でも、男性も女性と違った部分の得意分野があります!

 

女性が色を楽しむ反面、男性は、動体視力=動いているものを捉える力 を備え持っており、

動体視力を必要とするゲームやスポーツを楽しんだりすることが得意 とされてるそうです。

 

たぶんこんな感じでしょう・・・

 

 

 

景色・スポーツイメージ

 

 

みなさんも心当たりがあるのではないでしょうか?

 

 

いかがでしたか?

男女の色彩認識力の違い、納得できる部分があったのではないでしょうか?

ターゲットが女性なら“きれいな色”で、男性なら“動きのあるもの”で

このような広告手段もありなのかもしれませんね!

 

 

 

関連コラム