意外と知らない!?ロゴのタイプ

グラフィック

ロゴは会社の顔!どの方法でアピールする?

タイトル

こんにちは。
グラフィック事業部です。

 

会社やお店の「顔」とも言われる「ロゴ」。最近、おしゃれな「ロゴ」をよく見かけますよね。

誰もが一度は「ロゴ」の入ったものを目にしたり、身に着けたりしたことがあるはず!

文字をアレンジしたもの、動物がモチーフのものなどかっこいいデザインやかわいらしいデザイン、

そんな「ロゴ」にも種類やタイプがあります。

 

ロゴは会社の「顔」 でもあり、企業そのもののイメージや

事業をお客様に伝えるとても大切な役割を持っています。

 

今回は、そんな「ロゴ」についてタイプ別でお話ししたいと思います。

 

 

ロゴタイプ

ロゴタイプとは・・・

会社名やショップ名ほかにもブランド名や商品名などの

文字を使って簡潔的にデザイン したもの。

 

企業名・ブランド名をすぐに覚えてもらうことを優先に作られているので、

「企業名をブランド化」するという特徴があります。

 

★例えば、このタイプで有名な企業は・・・SONY、NTTドコモ、パナソニックロゴタイプ

社名が入っていてとてもシンプルなデザイン。

誰が見ても一目で分かり、しっかりと覚えてもらうことができますね!

 

 

シンボルマーク

シンボルマークとは・・・

企業の持つイメージや印象などを抽象的なもので

自由に図案化して表現 されているもの。

 

ロゴタイプのように企業名やブランド名の文字ではなく

マークを見ただけで企業名が浮かぶなどの特徴があります。

 

★例えば、このタイプで有名な企業は・・・

アップルの「リンゴのマーク」、ナイキの「スウォッシュマーク」、マックの「Mのマーク」

シンボルマーク

「マーク=企業」という感じで、文字がなくても

マークひとつで社名が連想できるってすごいとおもいませんか?

 

ロゴマーク

ロゴマークとは・・・

読みやすいロゴタイプ と記憶に残るシンボルマーク

図案化したもののこと。

 

お店のイメージと名前の両方一緒に覚えてもらえたり、

この2つの組み合わせでバリエーションの幅も広がり

名刺・封筒・パンフレット・HP・看板などの多方面の媒体

にも使える特徴があります。

 

★例えば、このタイプで有名な企業は・・・ベネッセ、アディダス、NTTロゴマーク

この2つの組み合わせは、一番多くみられますね!

使い方によっては、シンボルマークだけ、ロゴタイプだけをうまく使い分けることもできますね!

 

まとめ

この3タイプの関係は・・・

 

ロゴタイプ(文字)+シンボルマーク(図形)=ロゴマーク(文字図形の一体型)

 

こんな感じです!

さらに、分かりやすくエフスタイルドットコムのロゴで簡単に図解すると・・・タイプ別

こんな感じです!

 

企業名をしっかりと覚えてほしい のであれば文字で表現=ロゴタイプ

 

企業のコンセプトをアピールしたい のであれば図形で表現=シンボルマーク

 

社名もマークも両方一緒にアピールしたい のであれば文字と図形の一体型で表現=ロゴマーク

 

 この3つの総称が『ロゴ』 と呼ばれています。

 

 

会社の顔となる『ロゴ』があれば

社名・ブランド名などを覚えてもらいやすくなります。

 

 

さらに、日本の大企業のように3タイプを使用用途によって使い分けるなど、

それぞれの特徴をうまく活かすことによって、

宣伝効果が期待できるなどのメリット もありますよ!

 

 

 

いかがでしたか?

いろいろな媒体でも使える会社の顔となる「ロゴ」。

これから新規事業を始める方、お店の「ロゴ」をご検討の方、ぜひご参考下さい♪

 

 

関連コラム