マーケティングやブランディングの違いって?

エリアマーケティング

比較して分かる様々な宣伝方法

マケブラ
こんにちは。
営業企画部の長野です。
 
前々回がマーケティングについて、前回がブランディングについてのお話しをさせて頂きましたが、今回はこのマーケティングとブランディングの違いを比較していこうと思います。  

様々な宣伝方法

 

マーケティングが儲けを出すために市場を広げ、多くの方に認知してもらうものとした場合、ブランディングはそのイメージアップにつながる働きかけを行うこと。
 
簡単に説明すればそういった内容になるのですが、明確にわかりやすく説明したらどういったことになるのかをご紹介したいと思います。
 
ここではわかりやすい例として、おすすめの商品を販売している人を利用してご説明致します。
 

マーケティング

MARKETING

宣伝方法ということで内容を絞るなら、
マーケティングはこの商品は良い物だと自己申告するものとなります。
 
つまり宣伝においてのマーケティングは、
自社の商品が良いというイメージを消費者に伝えようと頑張る ことです。
 
更に簡単に例えると、
八百屋さんが「このキャベツはとっても美味しいよ」と消費者に伝えることと思ってください。  
 

ブランディング

BRANDING

ではブランディング とはどういったものになるのか。
 
先程のマーケティングで行った自己申告を消費者に理解してもらう、
覚えてもらうことです。
 
つまりこの商品は良い物というイメージを相手に持ってもらうよう頑張る ことになります。
 
画像のように良いイメージを持ってもらえれば成功です。 
 

広告 

ADVERTISING

一番よく利用されている広告という手法はどういったものになるのかご説明します。
 
これは先程のマーケティングを何度も重ねることで相手にその印象を植え付けるものです。
 
何度も何度も重ねることで、
相手に覚えてもらえる可能性がグンと高くなりますが、
あまりに広告が多いと逆に悪印象 を植え付けてしまうかもしれない点に注意が必要です。  
 

広報活動 

PR

最後にPR についてお話しします。
 
PRとは広報活動と呼ばれるもので、第三者から情報が届くものになります。
 
身近なものではニュースや情報番組から発信されるものや、
口コミサイトの評価などもPRの一つです。
 
最も信頼性が高い 広告方法で、
上手くいけば一番集客力が高い手法です。
 
このように広告する方法は様々ですが、
このいろんな手法の中にはさらに細かい広告方法があります。
 
チラシやホームページ、メディアの利用などご自身のターゲットを明確 にし、
費用対効果を考えた戦略をおこなっていきましょう!
 
 
 
 

関連コラム