ブランディングで小さなお店も売上アップ

エリアマーケティング

意外に身近にたくさんあるブランディング!

ブランディング
こんにちは。
営業企画部の長野です。
 
本日はブランディングについて少しお話しさせていただきたいと思います。
 
マーケティングの本などを読んでいるとよく見かけるブランディングという言葉。
そもそもブランディングとは一体なんなのでしょうか。
 

ブランディングとは

 
ブランディングとは「ブランドに対する共感や信頼をユーザーに持たせる手法」のことです。
 
ロゴマークを利用したり、記憶に残るキャッチコピーを利用するなど、そのブランドに対して共通のイメージを持ってもらうことがブランディングという手法のひとつになります。
 
例えばハンバーガーが食べたいと思った際、恐らく皆さん「ハンバーガー食べよう」ではなく「マクドナルド食べよう」 「モスバーガー食べよう」 などといった言葉が出るのではないでしょうか。
 
またスポーツウェアと言われたら「ナイキ」「アディダス」 をイメージする方も多いかと思います。
 
これがいわゆるブランディングというものの一部になります。
 
この共通のイメージを定着させる手法として、よく見かけるのがテレビCMです。
日本のテレビCMは海外のものと違い、有名人を多く起用したCMが大半です。
 
これは有名人自体が持つブランド を利用して商品イメージの共通化を図っています。
 
例えば、髪がさらさらな綺麗な女優さんがシャンプーのCMに出ていた場合、
同じようにさらさらになる気がしてきませんか?
 
このようにブランディングは様々な工夫を用いる ことでその効果を大きく発揮することが可能です。
 
こういった話しを聞くとブランディングは大企業にだけ利用できる手法だと勘違いされる方も多いですが、意外に身近でもブランディングを成功している企業、お店も存在しています。
 
 

ご近所にもあるブランディング

 
一つの事例として私の住んでいるエリアでブランディングに成功しているお店のお話しをします。
 
自宅の近くには24時間営業の有名スーパーやチェーン店がいくつかありますが、私はあまりそういったお店に足を運びません。
 
それはなぜか!
 
実は少し足を伸ばしたところに、
野菜は地元の美味しい新鮮野菜をリーズナブルに販売している八百屋さん や、
魚は釣れたてのように美味しいものを売っている個人スーパー があるんです。
 
食べ物に限らず、皆さんの周りにも愛用しているお店がありませんか?
 
安いから、新鮮だから、美味しいから、信頼できるからなど様々なイメージがあると思いますが、有名企業に負けないくらい地元では有名で愛されているお店 はたくさんあります。
 
ではこの地元のお店は先に話したように、テレビCMを流しているわけでもないのになぜ有名なのでしょうか。
 
それはブランドを広げるあらゆる工夫 が用いられているからです。
 
それがチラシなのかホームページなのか口コミなのかはそれぞれのお店で違うかとは思います。
 
しかし一貫して言えることは、ブランディングできてるお店は自身のことをしっかり理解している ということ。
 
自社・競合の強みや弱みエリア環境ユーザーのニーズターゲット などをしっかり理解することで、どのようなお店でもブランディングで成功できるはずです。
 
またブランディングは経営において非常に重要で、疎かにしていると市場のシェアはどんどん低下していくことになりかねません。
 
今回はブランディング表面上のお話しをしましたが、まずはご近所に向けて自社のイメージ付けを行ってみてはいかがでしょうか。
 
次回はマーケティングも絡めてより詳しくお話ししていきたいと思います。
 
 

まとめ

 
ブランディングは大企業や高級品だけのものではない!
周辺のブランディング成功企業を思い出してみる!
自分もご近所でブランディングを図ってみる!
 
 
 
 
 

関連コラム