チラシや看板の【視線予測】が瞬時に測定!

web

きっと見つかる。チラシや看板の改善点!

視線予測サービス3M

こんにちは。
WEB解析士の原田です。

WEB解析を行っているとさまざまなデータを取得できます。
アクセス数を初め、滞在時間・どの県からアクセスがあったのか?どんなページが見られているのか?
そんなデータのセグメント(区分分け)を行う事でホームページの改善点等が見えてきてクライアントさんにさまざまな提案が可能になります。

しかしチラシや看板、パンフレット等のアナログ媒体はどうでしょうか?

チラシの場合、何枚しっかり見られたの?どんな情報を一番見た?街中の看板であれば、歩行者の視覚にちゃんと入ってる?

そんなさまざまなデータ予測はできますが実際に立証するものがなく、あくまで予測を元に検証していくためクライアントさんに対して説得力には少しかけます。

そんな時にオススメなのがこれ
「視線予測サービス!!」

人があるものを見た時に最初の数秒間の視線動向を自動的に予想してレポート化してしまうという優れもの。

実際に検証して見た

まずは、ヒートマップ解析。
この解析方法は、最初の視線が一番目にとまる率が高ければ高いほど赤色になります。
まさか私が最初に見られる率が高くなっています。
このチラシの一番見られたい情報としてメインのキャッチフレーズ「戦略が大事です!!」の箇所でしたがやはり、人とその周辺に目立つ情報を明記しているためどうしても下の方に目線がいってしまいます。
よって、改善点として「戦略が大事です!!」の近くに人を持ってくる。 そのような配置換えを行うことで、上から順番にチラシを見てもらうことができます。

 

ヒートマップ

 

その他、さまざまな解析方法があります

ヒートマップ

 

リージョンマップはパーセンテージで視覚強調分の情報を解析出来る 機能です。
視覚トラッキングチャートは強調部分の順番を解析出来る機能です。

 

▼エフスタイルドットコムHP

エフスタイルドットコム

 

▼太宰府高雄の交差点

太宰府高雄の交差点

 

WEBページをはじめダイレクトメールの文章・製品パッケージ・店内陳列棚・印刷物・看板・屋外遠景など様々な利用用途がございます!

 

いかがでしたか。
是非自分の作ったチラシがどのような見られ方しているのか、気になる方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

▼視線予測サービス

http://solutions.3m.com/wps/portal/3M/ja_JP/VAS_APAC/Home/

関連コラム