とっても簡単!季節を伝える配色〜夏の配色編〜

グラフィック

色彩の知識はないけど・・・夏っぽくしたい!

タイトル画像(夏)

こんにちは。

グラフィック事業部です。

 

ジメジメした梅雨の季節が終わると、いよいよ『夏』本番!!

以前、『春』をイメージする配色を紹介しましたが、

今回は、色彩知識がなくても色で『夏のイメージ』を

伝えることができる簡単な方法をご紹介します。

 

夏をイメージする『言葉』を『色』で表現してみよう!

ところで、みなさんは、『夏』ってどんなものをイメージしますか?

ひまわり・ビール・海・太陽・夏休み・お盆・・・などなど

なんとなくワクワクするような言葉がいろいろ出てきますね。

この言葉を色で表現してみましょう。

 

一番“夏っぽさ”を出す配色、それは

ビビットカラー

 

“力強さ” “鮮やかさ” “涼しげ” “さわやか”という言葉がぴったりな色。

以前紹介した、『春』の配色‘パステルカラー’の

彩度を高くすると『ビビットカラー』に近づきます。

 

ちょっとイメージがわかない・・・という方もいるかもしれませんが、

簡単に言うと、

 

春の配色『パステルカラー』の‘’白たっぷり‘’の部分を

取ってしまった感じの原色に近い色です。

 

ちなみに彩度というのは色の鮮やかさのこと。

色相・彩度・明度については、別の機会にお話しするとして・・・

 

夏の色は、ほぼ原色の鮮やかな色を組み合わせることで

夏の暑さ・爽やかさがダイレクトに表現できます。

 

ビビットカラーの組み合わせでは、かなり『派手さ』が強調されるので

そこまでの派手さは求めてないよ!という方は

ほんの少し白をプラスしてみてくださいね!

明るさは保たれたままで夏を表現できますよ!

 

『ビビットカラー』をうまく利用して『夏』を表現してみよう!

かなり目立つ配色のビビットカラーを利用して、

夏の『暑さ』と『涼しさ』を表現してみましょう。

 

  暑さを押し出すのなら『暖色系』   涼しさを押し出すのなら『寒色系』

 

暖色系と寒色系

 

この組み合わせはいかがでしょうか?

 

『暖色系の色の組み合わせ』または『暖色系の色の組み合わせ』の

色の濃淡を利用することで暑さや涼しさの表現ができますよ!

 

色を見るだけでも、暑さ・涼しさのイメージがなんとなく
膨らんできたのではないでしょうか?

 

組み合わせを変えてもっと『夏』をイメージしてみましょう。

組み合わせ次第でもっと夏を表現できます。

例えば・・・

 

  【ひまわりのイメージ】

ひまわりイメージ

  【海のイメージ】

海

  【あさがおのイメージ】

あさがお

 

などなど・・・

あくまでイメージ配色ですが、なんとなく簡単にそれらしい配色ができると思いませんか?

『春』の配色と同様、

ビビットカラー同士の組み合わせや色を追加したり濃淡を加えることで

夏っぽさをだすことができます!

 

夏はやっぱり『ひまわり』

さらに、前回の『春』のイメージでは、“さくら”がメインでしたが、

『夏』はひまわりを活かすとさらに夏のイメージが強くなります。

 

みなさんが日頃、目にしている広告。

飲食店でも塾でも、こんな感じの画像やイラストよく使われてませんか?

 

ひまわり

 

まさに、青空+入道雲+ひまわりは『夏』の定番イメージ!

一番『夏』っぽさが表現できて、見る人にも一番伝わりやすい
簡単な方法です!

 

ほかにもストライプやドット柄を取り入れると涼しさも表現でき、

ほんのひと手間加えるだけで、イメージがガラッと変わります。

もちろん、春色のパステルカラーをうまく使っても

夏は表現できますので使い方のコツをつかみましょう!

 

 

いかがでしたか?

 

夏の色はまだまだたくさんありますが、

色で季節感をうまく表現して、見る人にも『夏』を感じてもらいましょう!

 

関連コラム