あなどれない!売り上げアップにつながる「お問い合わせフォーム」

web

少しの「煩わしさ」が問い合わせ率半減?! 分かりやすい!シンプル!これが問い合わせフォームの理想のかたち

DSC04202

こんにちは。webディレクターの青木です。

 

ホームページに約9割といっていいほど、つけている問い合わせフォーム。

そのフォームからの問い合わせ率が中々あがらないということで、ホームページ自体のリニューアルを考えている方も多いと思います。

確かにホームページの内容をより充実させることで、問い合わせ率が格段に上がることもあります。

そうなるとコストもかかり、大きな負担にも・・・

そう悩む前に、一度見直してみませんか?

 

「あなたの問い合わせフォームは本当に使いやすいの?」

 

 

まず、最初にあげたように

「使いやすい」

ですが、ユーザーが問い合わせする動機は様々です。

 

「これがほしいんだ!」 「絶対聞きたいんだ!」 という真剣なものもあれば、

「とりあえず、問い合わせしてみようかな?」 というような気軽な問い合わせもあります。

 

真剣な問い合わせは、どんなに使いづらくても問い合わせします。

しかし大半このケースが多い気軽な問い合わせは、少しでも面倒だったり・わずらわしかったり・違う方に興味が出てしまうと問い合わせを断念してされるケースもあります。

 

 

そして、問い合わせフォームの醍醐味といったら、

「気軽にメールで問い合わせできる」

ですよね!

だからこそ、いかにユーザーにとって「使いやすい」かが重要になります。

 

 

今回は、事例を交えながらどんな問い合わせフォームが売上アップにつながるのかご紹介します。

 

 

 

 

 

目次

 

  1. 1.問い合わせページは、問い合わせだけに集中させる
  2. 2.入力項目は必要最低限のみに
  3. 3.ナビゲーションの表示
  4. 4.一目で分かる「必須」の文字
  5. 5.細かい指定を排除
  6. 6.入力ボックスに記入例表示
  7. 7.最後の一押し

 

 

 

 

 

1.問い合わせページは、問い合わせだけに集中させる

 

 

form01

 

問い合わせフォームの周りにあるバナーやFacebookやメニューボタン。

問い合わせしようと入力していると、周りがごちゃごちゃして気が散ってしまいます。

その結果、別のページに進まれて問い合わせされなかったことも・・・。

問い合わせページは、不要なものは取り除いて、フォームだけに集中してもらうことが大切です。

 

 

 

 

 

 

2.入力項目は必要最低限のみに

 

 

form02

 

 

入力項目の多い、問い合わせフォームは入力する気になりませんよね。

まずは問い合わせしてもらうことを目標にするなら、あくまで最低限の情報のみ入力してもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

3.ナビゲーションの表示

 

 

form03

 

今はどこにいるのか、あと何をしないといけないのか表示させる「ナビゲーション」。

ゴールが見えない道のりほど、つらいものはありません。

「あとこれをしたら終わり」など分かりやすいすることで、気軽の送信ができます。

 

 

 

 

 

4. 一目で分かる「必須」の文字

 

 

form04

 

 

 「※」を必須項目として使っていませんか?

始めてホームページへ訪れた人にとって「※」が必須項目だと気付かない人も多いと思います。

「※」だけで伝わりにくいものは、しっかり「必須」と記載しましょう。

 

 

 

 

 

5.細かい指定を排除

 

 

form05

 

 

全角・半角などの入力切替や「-」が入ることで複数入力箇所をクリックしないといけないなど、

少しでも煩わしいを感じられれば、問い合わせ率は減少することもあります。

 

 

 

 

 

 

6.入力ボックスに記入例表示

 

 

form06

「ここには、どういう書き方をすればいいの?」と悩んだ経験はありませんか?

特にお問い合わせ内容のところは、考えるのが難しいですよね。

そんな時に、予めよくある内容が表示されていたら、気軽に問い合わせができます。

 

 

 

 

 

7.最後の一押し

 

 

form07

 

 

いざ、問い合わせしようと、ページに訪れた方に、「最後の一押し」。

たとえば、「資料請求するとこんなメリットがある」や「無料体験募集」など今すぐ問い合わせにつながる情報を載せておくことで、

「最後の一押し」で問い合わせにつながります。

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

一度ユーザーの目線にたってみたら様々な「使いづらさ」が見えてくるはずです。

 

今回は、問い合わせフォームに着眼してご紹介しましたが、「売上アップ」「問い合わせ率アップ」にはまだだま色んな方法があります。

ぜひ次回は、解析やホームページのコンテンツの魅せ方などもご紹介していきたいと思います。

関連コラム