【Illustrator】パンク・膨張を使ったお花の作り方♪

グラフィック

とっても簡単!Illustratorでお花を作ってみましょう♪

コラム2

こんにちは。グラフィック事業部の渡辺です。

 

とうとう7月になりましたね。

これからどんどん暑くなっていくので、

日傘や日焼け止め、帽子などを買って、夏に対抗しましょう!

 

さて今回は、タイトル通りパンク・膨張を使ったお花の作り方を紹介したいと思います♪

 

そもそも『パンク・膨張』とは…

選択したオブジェクトのアンカーポイントの部分を凹ましたり、

膨らませたりすることができる機能です。


では、早速やっていきたいと思います!

①楕円形ツールで正円を作ります。

2016y07m01d_194017329

②作った正円を選択して、ウィンドウにある『効果』から『パスの変形』の中にある『パンク・膨張』を選択します。

2016y07m01d_194509423

③『パンク・膨張』の設定が出てきたら、真ん中の三角を膨張の方にぐいっとカーソルを動かします。

2016y07m01d_200213145

 

すると…

④かわいらしいお花の出来上がり!

 

2016y07m01d_200654435

【補足】図はお花を回転させてできたものです。

 

簡単ですよね?
今回は膨張を19% にしてみました♪

 

これらの過程を踏まえたうえで、色んなお花を作ってみました!

2016y07m01d_201939799

【補足】花の白丸はあとから付け足しています!

 

正円だけではなく、多角形ツールスターツール を使ったり。

正円にアンカーポイントツール を増やしてみたり。

『オブジェクト』>『パス』>『アンカーポイントの追加』 でアンカーポイントを増やせます♪)

はたまた、膨張を大きめにしてみたり、小さめにしてみたり!

 

ちょっとした一工夫で色んなお花が作れちゃうんです!

 

 

いかがでしたでしょうか?

チラシのワンポイントに使ってみたり、装飾に使ってみるのも、いいかもしれませんね♪

関連コラム